「山の棲み家」タタミが入りました!!んんんんん~いい香り!!!

「山の棲み家」の宴会場・・・”高取の間”に畳が入りました(笑)
これで後は、畳周辺の壁仕舞いをすれば一期工事は終わり・・・
堀炬燵は、忙しいので二期工事に実施します(爆)

畳は昔の家ですから、本間の大型
今の家は、90×180㎝が基本のサイズですが
築55年の山の棲み家は、バリバリの尺寸時代の遺物(笑)
1枚が95×192㎝・・・^^
特に家具類や箪笥もないので、何も置かない“宴会場”になりました!!

普段の食事は、寝室兼リビング・ダイニングで済ませてますから
使い道のない部屋になりましたが、若く可愛いパートナーが出来れば
その時は使うでしょうが・・・今のところ不要です(笑)

しかし、畳の床(とこ)はしっかりしてたので、表のイ草だけ交換
「表替え」(おもてがえ)ですが、新しいイ草の香りはとてもいいです!!
畳はクッション性も良く、湿度の調整もしてくれます
デザイン性だけなら、沖縄の琉球畳もいいのですが
イ草が別物で、太く目が粗くなります・・・
今は、和紙を加工した畳もありますが、やはり本当のイ草畳にはかないません

今度の改装で、全ての部屋を杉板張りも考えましたが
やはり1部屋は和室を残して正解だったと思います。
e0221199_17052820.jpg
畳には、「へり」があるのですが、「へり」は製造工程で必要なモノ
必ず長い辺にあります
敷き方にも地方やしきたりで違いがありますが、出入り口から囲むように敷きます
出入口に対して長い辺が2枚並んでますから
入っても「へり」を踏まない・・・「へり」を踏まないのは日本人のマナーですよね^^

「へり」にも、しきたり?があり
お寺さんや格式が高い所では幅の広い「へり」を・・・
「へり」の模様にもランクがあります

最近の一般住宅では、色のついた柄模様がほとんどですが
あえてオヤジは、シンプルな茶色を選びました^^
e0221199_17054698.jpg
柱などの経年劣化の色合いに合わせたら、落ち着いた雰囲気に・・・
何も置かないから、それだけシンプルさがいい感じになりました^^
後日?二期工事で真ん中に堀炬燵を据える予定ですが・・・落ち着いてから?やろうかと・・・
落ち着いてから?は、いつの事かわかりませんからやらないかも?(笑)
ボチボチ考えます^^

ラグ売場でアルバイトしてますから、ラグを敷いてテーブルも悪くないかも(笑)
そんなこんなを考えるのも楽しいですよね!!

ちょうど西日が差していましたが、風に揺れる竹林の竹が
光の中を踊るようにキラキラと・・・
e0221199_17045871.jpg
汚れたガラスに映りとても幻想的な光の演出・・・価値ある「山の棲み家」だと思います^^

今夜は、お一人様鴨鍋いただきます!!河芳さんの美味しい京鴨を!!
プチ贅沢な晩ご飯タイムになりそうです
明日は、夜までアルバイト・・・しっかり15000歩歩いて来ますね^^

それでは、明日も良い一日を!!


トラックバックURL : https://mick3926.exblog.jp/tb/23724126
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by mick3926 | 2015-09-29 17:14 | 山の棲み家 | Trackback | Comments(0)

インテリア”工事”ネーターのオヤジが、元盲導犬候補生のぷ~ちゃんと共に山暮らししていましたが、28年10月24日に天国へ・・・自分自身で改造・改修工事をして、竹林と山の木々の間に、ぽっかり空いた空間に終の棲家を構え、日々の出来事や健康を意識した食事をアップしています。


by ミック
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31